Kids'AUについてスタッフ紹介Kids'AU Fan ClubKids'AU物語多文化共生団体概要

他国も自国も大事にする社会づくり

日本国内の多文化共生にも力を入れています。
image-6.jpg

足下に目をむけると、日本国内でも文化背景の違いによる摩擦が様々な面で起きています。

日本で生活している外国人は200万人以上。
国籍も、アジア諸国から南米、アフリカまで様々です。

Kids’AUでは、2010年から国内の多文化共生事業として「小児救命救急法プロバイダー養成講座」を始めました。
日本人であれば当たり前のように得られる防災の知識や技術を、在日外国人の人たちにも身につけてもらうことで自助の力を高めようというものです。

このプロジェクトを皮切りに、同じ日本で暮らしている多国籍の人たちとも様々な活動を共にしていく予定です。




在日外国人の生活は?
各都道府県の教育委員会では、学校の安全・危機対策マニュアルを作成し各学校に配布しています。しかし外国人学校へのそうしたサービスは行われていないことが多く、たとえば愛知県の場合、県内の公立幼稚園、保育所、小中高校、特別支援学校、市町村教委あわせて2056カ所に「あいちの学校安全マニュアル〜子どもの安全と安心のために〜」という冊子が配布されていますが、外国人学校には一切配られていません。
特に財政的な厳しさを抱える外国人学校では、民間によるこどもたちの安全対策支援が求められています。





image-10.jpg



mfa-HPabout.png

ページの先頭へ